当前位置: 求职1号站 > 求职自我介绍 >

精选日语求职自我介绍

| 章剑

  篇一

  まず①と②は、通ってもらわないとさすがに手の打ちようがありません。

  ここを通過できない場合は、提灯と釣鐘、オケラの片思い、と思ってキレイサッパリあきらめましょう。

  な~に、会社はゴマンとあります。

  「自分はこんな人間で、こんなことが出来、あなたの企業のこんなところに惹かれ、こんなところで活躍できる有用な人材なのだ」ということを、履歴書で効果的に訴えることが重要、と書いてあるサイトもありますが、それは不人気企業の場合です。

  人気企業の採用担当者は、そんな手間なことはしませんよ。

  履歴書の学歴や経歴を単純に眺めるだけです。

  そこで機械的に選別されます。

  スタート地点にさえ立てないといったのはこういう意味です。

  いったんは、入社試験のチャンスぐらいはくれるかもしれません。

  世間向けのポーズでね。

  でも、面接までいける人材はもう決定している。

  そう、あなたは結果の出ている選考セレモニーに参加しているだけ。

  面接まで行ったら、コレで希望が出てきました。

  会社には、社風と言うものがあります。

  それをよく研究しておくことをお勧めします。

  社風にあった言葉遣いや態度を練習しておくことです。

  面接者に違和感を与えません。

  社風と外れた人間は、面接者に違和感を与えます。

  コレ、結構大きいポイントです。

  最後に、このブログの「自己紹介から自己PRへ」の後半部分をよく読んでください。

  面接における自己紹介の極意が書いてあります。

  [size=10]あなたのご健闘をお祈りいたします。

  篇二

  この中で、いかに自分を最大限にPRするかが合否の分かれ目となるのですが、さて、みなさんは上記のどの項目に重点をおきますか?

  一般的に考えると「応募動機」、「やりたいこと」、あたりで堂々とPRするのが普通と思いがちですが、実際、最も効果があるのは「自己紹介」の段階です。面接は最初の第一印象で大方の方向を判断されます。そのことからも、最初の自己紹介の重要性は高いのです。

  中途採用面接での自己紹介は、「自分のペースで行える絶好の自己のチャンス」と認識して下さい。短い時間の中でいかに効率的に最大限のアピールができるか?自己紹介の完成度で、その人材のビジネススキルや頭の良さ、バランス感覚など見極めるべき重要な要素が判断できると言っても過言ではありません。